たぬーん

たぬーんは、ふだんはしずかにしているのですが、
たまに、ぬーんとやってきます。

のみにけーしょんというじゅもんをつかって
ばかすのもとくいです。

うまいぐあいにばかされたどうせきしゃは
そのひは、みずのようなおさけをのみ
つぎのひは、にえゆをのまされることも
あります。

しかし、またしばらくすると、
たぬーんとのみにいきます。

そういうものです。

広告

らいおんな

らいおんなは、ひゃくじゅうのおうです。
まきがみやあげがみをとおりこして
たてがみになりました。
とってもこうどうりょくがありますし
ゆうかんです。

みんなはそんならいおんなのゆうしに
あこがれをもっています。

らいおんなには2しゅるいいて、
はーれむをつくるはと、
おうどうをばくしんしていくはに
わかれます。

どちらにしろかっこいいのです。

りっすん

りっすんは、とてもよくはなしをきいてくれます。
おんなのこのなやみそうだんにのるときは、
じぶんのいけんをつよくださず、
あいてがいっぽうてきにはなしをしているうちに
おこりつかれ、けつろんをみちびき、
そして、きぼうをみいだすのを
うなずきながらきいてくれます。

もちろん、めーるのれすぽんすもはやいです。

もっかのなやみは、
なれしたしんだ、あどれすをかえたくなかったために
のりおくれて、ようやくすまほにしたのですが、
どのようにあぷりをつかいわけようかと
きめかねていることです。

キリッ・・・ん?

キリッ・・・ん?は、じぶんがとてもすまーとだと
おもっています。
でも、まわりのみんなはそうはおもっていないようで、
たまに、
・・・ん?
というくうきがながれます。

キリッ・・・ん?がつくりだすくうきなのか
みんながつくりだすくうきなのか
よくわかりませんが、
びみょうなすきまかぜもたまには
ここちよくかんじるものです。

うさお

うさおは、のりがとてもかるくて、なるしすとなので

みんなからちょっとだけうざがられています。

でも、ほんとうのうさおはとてもしんぱいしょうで

おしゃれをしていないとじぶんにじしんをもてないのです。

おねしょきんぐ

おねしょきんぐは

なかなかあらわれません。

おねしょまんよりもすごいのです。

でも、ここだけのはなし、

おねしょきんぐは、はやくおねしょまんになりたいと

ねがっているのです。

にょこにゃん

にょこにゃんは、ほこりたかいのです。

すぐにどこかにぷぃとでかけていってしまうけど、

すこしたったらまたもどってきます。

ひとりがすきだといいながら、

けっこうさみしがりやだとみんながいってます。